色んな色とカラフルな女性

“必読”現在好きな色は、心とリンクしている

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

今回のお話は、色彩心理に関連した内容になっています。

私は現在、夏の私服はピーチ・モスグリーン・オイスターホワイトといった色のシャツやパンツを履いています。

聞きなれないネーミングの方は、くすんだピンク・深緑・白にクリームが混ざった色と思って下さい(笑)

赤系のシャツが欲しいと思っているのですが、なかなか見つかりません…赤系でも、秋の紅葉時期に見られるようなくすんだ赤!

パーソナルカラーの色彩調和した色味で、ベストシーズン色だと最高。

色を求める

なぜ、そのような色を求めているのか?結論:私自身の心理面を、”その色が持つ色に変化させたいから”

色と心は密接な関係

私が、意図的に着ている色の意味をお伝えします。

因みに、色の意味は明確に決まっている訳ではありません。一般的な色の本やネットの情報とは違う中身もあります。

今からお伝えする色の意味は、子供の深層心理をベースに臨床データの元で、使われているものです。

臨床データを元に、誇張表現や編集などが無い、ニュートラルな結果。

子供が無邪気に色を楽しむ

本やネットの意味は、大人が頭で考えた意味が大きく反映されてしまっているのですが、こちらは、“子供が無邪気に無意識に選んだ色”と心理の関係を記載しています。

色の意味

着たい色:赤=アイデンティティ(自分を知ること)存在感・自己主張・テンション高い・活動的・高揚感

これから何を伝えたいか

現在の特徴

上記の気持ちになってきた裏には、春先まで赤系の行動をしながら突っ走った挙句、空回りに陥った。

たしかに、素晴らしい経験をしてきましたが、ちょっと疲れた様子(笑)今の洋服の色は、現実逃避も多少含んでいますね!

というように、自身の心理を簡単に理解出来ます。

躍動する

これから必要な色は…赤に再チャレンジ♪今の平穏さ、ニュートラルな心境を大事にしつつ、気合いれて躍動したい。

よく自己啓発系の発信や本には、”とにかく動け””アウトプット第一”というワードを見ます。全然足りないですが、実際に体験したり、動いたりしても

“心底好きではないことに、エネルギーが生まれてこないなぁ”と感じます…

逆に、会社員時代では組織に属していたので、ルールを守ることが第一。

その為にエネルギーは発生していましたが、体や心から、”無理矢理捻り出したエネルギー”なので消耗が凄い。

一日の疲労感、休日のストレス発散、月曜日の憂鬱が発生しているのではないかと感じています。

消耗している人

それが当たり前になると、習慣化するので凄いエネルギーを消耗していることに気が付かない体に…

ちょっと話が逸れてきたので戻します(笑)

日本人に多い色と特徴

皆さんもご存じ、白・黒・グレー・青・茶・ベージュが多いイメージですね

では、色の意味をお伝えします。

色の意味沢山

ベージュや紺は、茶色に白を混ぜた色・青に黒を混ぜた色になるので、その分意味がバランスよく混ざり合う

これから言える日本人の特徴は?

色から見る日本人現代の特徴

あれ?なんか主観的な解釈になっている気がする…事実だけを客観視って難しい…まぁいいか!

メリット・デメリットの様に分けて書いていますが、物事や意味は表裏一体…表が良くても裏がある。悪くても良い点はある。

別の見方をしていくと…

ネガティブをポジティブに捉える

といった様に捉えることも出来ます♪まだまだ別の見方もあると思いますよ。

なんもかんも、前向きな捉え方していると、現実見えなくなりますが(笑)

なんか直ぐにイライラするなぁと感じていたら、まず肯定してみると気持ちが変わります。

それを頭の中、意識だけで行おうとしても相当難しいですし、心理が変わっていないと心からそう思えません。

“色に頼って”意識を変化させてみてはいかがでしょうか?

現実逃避

現在の私は、少し前に着ていた”赤系”の勢いが、すこし収まって気持ちが大分落ち着いています。ただ最近”緩くなった”気がする(笑)

気持ちが変わると、現実も変化していくと、実感している日々を送っています

実は、赤系を着ていた時、様々な人と会った際には、結構自分から喋ってましたが、今は、若干人見知りが再発(笑)

これからの未来必要な色

すげぇ偉そうな見出し!

前回のブログで、自身の想い、願い、願望、生き方、正義、自分軸などを明確にして仕事にした方が良い。とカッコいい言葉並べていましたが(笑)

赤系が上記の部分に、一番近いと思います。

赤が苦手でも、部分的に身に着けたり、手持ちの物を何か赤にしてもいいと思います。

携帯カバーがおススメですね!チャレンジして、気持ちが変化したような気がするとOK!その気付きの時点で、環境が変わり始めたと思います。

そこから、色を追加してみて加速させると、いつの間にか違う自分に出会えますよ♪

希望の石

一番良いのは、カラー診断⇒イメージコンサルを一気に実践してみる事ですね!

イメージコンサルでは、“なりたい自分”でブランディングカラーを選択もありです。

“イメチェン”から、自身の気持ちが変化していく感覚に近いのかもしれません(笑)

色を気分で選ぶのではなく、“色が心を変えてくれる”そんなファッションの色選択をしてみませんか?

今回の投稿は以上です。閲覧ありがとうございました!

私のTwitterも是非ご覧ください!

関連記事

パーソナルカラー診断で、色による印象変化を感じる

カラー診断を受けた後の理想的な行動

カラー診断時のお願いについて解説

【最低限これが揃えばOK♪】パーソナルカラー診断を選ぶ店舗の条件!

「ファッションのベストスタイル」について、ご提案をさせて頂きます。

未経験必読!パーソナルカラー診断は具体的に何するの?最後名言あり

パーソナルカラー診断にご来店の年齢層は女性の”子育て世代”

最高の夏に備えて、パーソナルカラーで商品を選ぶ