色見本

シーズンの色を覚える事は困難。見本を持ちましょう

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

人間は、色彩感覚が他の動物と比べて非常に優秀です。
さらに日本人は、色彩感覚が世界トップレベル!

その象徴が、日本で虹の色は7色となっていますが、他の国は5色・3色と定義が違います。
他の国の方は色の認識が、日本人に比べて大雑把。

そんな視覚で認識出来るレベルは素晴らしいですが、”色は記憶が難しい”という事をお伝えします。

なんか違う

色を再現しても一致しない

カラー診断後、シーズンの色を一通り拝見して、ほんの数分前に見た色にも関らず、そのままシーズンの色を選択する事は困難です。
これは、私も幾度となく経験致しました。

ご来店されるお客様も、カラー診断で認識した色を、アパレルショップで最初から選択することが出来ません。

当店の2階に、洋服が陳列されていますが、シーズンの色が分からないとおっしゃいます。

なぜか?色は直ぐに忘れるから。

また自身が好きな色、嫌いな色があり、どうしても好きな色味に寄った色調を、選択する傾向があります。

色の模様画像

私は、デジタルで色を選定して印刷をする事もしておりますが、再現したい色を感覚で選んで全く同じという事は無いです。

色を記憶して選ぶと違います。(デジタル画面と印刷物の色がズレるもありますが…)

皆が統一して同じ色を選択出来るように、色に数字(RGB,CMYKなど)があります。
便利ですよね~!

忘れる

一瞬で色を忘れる

“色を記憶することは難しい”ということ。

単純な原色(ビビット)である色は、比較的見慣れているので、分かりやすいのですが…

ペール・グレイッシュ・ブライト・ダルといった様々な色調があり、それを見本なしで選ぶことは難しいです。

私が色を選択する時は、シーズンのイメージに近いと感じるかどうかで選定をしています。

春色ですねー、夏色ですねーの様な感覚でお伝えしています。

パーソナルカラーは自然界の配色イメージがベースなので、自然環境イメージと色を比較して選択をしています。

比較

同時比較が必要

診断を受けた方であれば分かりますが、ドレープを両肩に乗せるという工程があったと思います。

あれが、同時比較になります。

色から受ける印象の違いを、同時に見ています。

同時に見ないと、色や印象を明確に覚えておくことは難しいです。

ある程度の時間をかけてドレープを見ていると、印象の変化に慣れてきて、お客様も調和が分かるようになります。
ですが、空き時間が発生すると見事に忘れます。

ちなみに私は、シーズンを判定する際には鏡を使って見ていません。
全て直接お客様の姿と、ドレープの調和を見ています。

鏡に映る姿は、平面に写ったお客様であり、本人ではないからです。
あとは、鏡の色と現物の色は違うので…

“本人から放たれている姿・魅力”を感じてその差を肉眼で見ています。
色んな色を当てている時は、鏡を見ていますが…

重要ポイント

最重要なのは、シーズンを的確に診断することです。

ベストカラーと、それ以外の色の違いは、さほど違いはありません。

順位付けしていますが、あえてランク付けするならという前提を持って頂くようにお伝えしています。

今回のテーマ:人は、色を忘れるという事をお伝えしました。

では、どうすれば色を覚えられていられるのか?

色見本帳という、色のガイドラインを持っておくことです。
診断の際に、様々な色のドレープを当てた色と、全く同じ色の物です。

色見本と、酷似した色のファッション見つけた時、診断時に見た感覚が再現出来ます。

アパレルショップの現場では、照明の質がバラバラです。

現実に映っている色が、家に帰ると違う色に見えてしまうのは照明の質が違うから。

その差を限りなく縮めて、失敗しない買い物を実現してくれるアイテムが色見本帳。

安全

嬉しい事に、ご来店のお客様の9割程の方はご購入頂いております。

これがあると、すごく安心してお買い物が楽しめる様になりますよ♪
私は今でも使用しています。

シーズンの色を覚えた!と思っていても、ズレていたりするので、自分を過信しないようにしています。

こちらのブログでは、パーソナルカラーが気になる方、ご来店を検討の方に向けて有益な発信をしております。
是非、ブックマークして頂き、買い物の前に読んで頂ければ嬉しく思います。

本日の投稿は以上です。閲覧ありがとうございました!
私のTwitterも是非ご覧ください

関連記事

パーソナルカラーが引き出してくれる”役割”

パーソナルカラーを知ると、昔の色選び方法に戻れなくなりました

美容に関するプロでも、色に関して自己判断が難しいと判明

パーソナルカラー診断にご来店の年齢層は女性の”子育て世代”

どうやったら未体験の色に、チャレンジ出来るか考えてみた

未経験必読!パーソナルカラー診断は具体的に何するの?最後名言あり

パーソナルカラー診断・イメージコンサルタントのメリット13選

最高の夏に備えて、パーソナルカラーで商品を選ぶ