戻ってこない

パーソナルカラーを知ると、昔の色選び方法に戻れなくなりました

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

パーソナルカラーという言葉を知る~事業を起こすまでになりました。

パーソナルカラー診断事業を通じて、福岡県ではまだ認知度が低いと感じています。
福津市・宗像市等の地方では、更に知られていない状況。

博多方面ですれ違う方々と比べると、地方では基本色でのファッションのイメージが強い…

パーソナルカラーを知り、体験して頂けた方が増えると、もっともっと活性化していくと思っています。

このブログも、少しでも認知度が上がるように、掲載しております。

パーソナルカラーを知る前の私

様々な記事で、私のファッション履歴をお伝えしておりますが…

高校生の頃~パーソナルカラーを知るまでに、通った色は
黒(7割)・白・グレー・紺・茶・ワインレッド

ざっと6色。装飾でシルバーがある位です。

ワインレッドだけ少しチャレンジした感がありますね(笑)
実際、20代後半位で取り入れました。

社会的な責任が伴ってきた時代で、頑張らなきゃと思っていた時に、興味が湧いた色。

赤系は、情熱・行動力といった心理的影響があります。

新たな色に興味が発生・色の好みが変化する事は、現状のライフスタイルが変化してきたタイミングと、非常に一致しやすい

“色と心は密接な関係がある”という象徴ですね。

パーソナルカラー診断を取り入れた方の、ライフスタイルが変化しやすいのはその為です。

今思うと、パーソナルカラーを知らなくても、この様な変化を自分で起こしていたことに気が付きました。

後付け感あるかもしれませんが、行動の特徴も色の意味と一致しているので、そう思わずにはいられません。

比較的黒が多かった時代ですが、自分には無いカッコよさに憧れていて、少しでも近づきたい!

ロック系男の子

ラルクのhydeさんが好きだったので、カラオケでチャレンジしては、粉砕されてきた良い思い出があります♪

あまりにも黒々していた時に、ちょっと変化をつけようと思い、紺・グレーが入ってくる…この頃はまだ劇的な変化は無し。
黒好みの方は、比較的好みになりやすい色合いですね。

人に感謝したいと強く思う出来事があり、白色を着用するが増加。

メインではないですが、汎用で着れるアウターを茶色

エネルギーが、とても必要だった時期にワインレッド…

全て行動と好きな色の特徴が一致していました。

ホントに、ビビる位合っている…

部屋着

パーソナルカラーを、本格的に受け入れられた時の変化

パーソナルカラー診断の際に、これまで上記の色しか着用して来なかったので、物凄い抵抗がありました。

厳密にいうと、過去に勇気を出して買った色を、やはり着れず、結果タンスにお蔵入りの経験が蘇る…

好きと思えない色を、着るという事はやっぱりハードルが高い…

まずは比較的抵抗が少ない、ベストシーズンの色から取り入れられると、慣れは早いかと。
着用頻度を上げると、慣れはもっと早くなります。

安いもので良いので、”部屋着”オススメ!

それから外出用を購入しようとしたら、抵抗感がいつの間にか下がっています。

部屋着での慣れの効果で、この色アリ!と感じたらベスト!

その経験から、是非、ベストカラーにチャレンジしてみて下さい。

変化する事を恐れずに!変化を楽しむ様に♪

これから大事な事をお伝えします

恐れているのは、自分自身の自己暗示だけであって、周囲はベストカラーの貴方を望んでいます。

“貴方らしい生き生きとした姿”の事。
一般的には、自分の周囲の人に対して、楽しそうにしている・生き生きしている人が沢山居る事を望みます。

家族、恋人、友人、職場など…
相手だって、自分の周りに、その様な人が沢山いる事を望んでいます。

ベストカラーを身に着けて、とても魅力的に見える貴方を変とは思いません。

好印象と思っている人に話すような態度で接してくる。

ご自身も好印象の人に、こちらも出来るだけ好印象で接しますよね?
相手だって同じ気持ち。

昔からの付き合いの人は、イメージが凝り固まっているので、時間は掛かると思いますが…
必ず接する態度が変化してくれると思います。

“相手は自分の写し鏡”

このことが理解出来ていると、非常に恵まれた人間関係に囲まれると確信しています。

自分自身

パーソナルカラーを私自身で伝える

パーソナルカラー診断を行う際に、自身のベストシーズン色であるファッションで行っています。
ドレープの時には、グレーのジャケットを羽織りますが…

悲しい事に、私自身が着用している色について、感想を頂いた事は稀…

お店の店員さんを褒めるって、中々しないですよね(笑)

それでも、ベストシーズンの中で、安心感が持てる様な色を着用しています。

現在は、明るめの柔らかい色合いのピンク。

ベストカラーは赤系なのですが、男性がピンク系を着た姿を、見る人は少ない?と思い着用。

店舗は、リラックス出来る様な環境なので、私自身もその雰囲気と調和したいと思っています。

私の印象が、お客様にとって話しやすく、心を開きやすい人と感じて下さったら、非常に嬉しく思います。

なので、「素敵ですね」の一言下さい!(笑)

パーソナルカラー診断では、驚きや新しい自分との出会いの場。
その反面、苦手意識がある色にて、ストレスが発生する可能性+ノーメイクの状態で男性が診断(汗)

ストレスを配慮し、妊婦の方は診断をご遠慮頂いております。

少しでもお客様の安心感に繋がる様な、雰囲気作りや対応を常に心がけております。

まだまだ出来る事は、沢山あるはず!
お客様の満足が、私の満足に繋がると感じています♪
もっと追求していきたいです。

それがたまに”おせっかい”に変化してしまう事も…(泣)

今回の記事は、以上になります。
定期的にブログ更新しておりますので、是非ブックマークお願いします!
閲覧ありがとうございました。
私のTwitterも是非ご覧ください

関連記事

洋服以外にもパーソナルカラーってあるの?

シーズンの色を覚える事は困難。見本を持ちましょう

カラー診断時のお願いについて解説

「ファッションのベストスタイル」について、ご提案をさせて頂きます。

ファッションと心理変化~現実は心から引き起こす~

男性必見!パーソナルカラー診断のメリット

手持ちのファッション選びは、”早い・簡単・楽しい”を基準に

アパレルショップと家で、洋服の見え方が違う理由